更年期障害はサプリメントで乗り越える~イライラにテキメン効果~

女

閉経前の不快な症状に

ウーマン

治療は婦人科で可能

生理の閉経が近くなった女性が感じる様々な不快な症状は、更年期障害と呼ばれています。更年期障害の症状は、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせの症状をはじめ、イライラやだるさ、うつ症状や冷え、頭痛や腰痛などが代表例として挙げられますが、その他にも様々な症状に悩まされる女性は多く、治療は婦人科で行われています。更年期障害で感じる症状は、個人差がありますので、重度の症状に悩まされる女性もいますし、症状がほとんど発症しない女性もいるのが特徴です。更年期を疑った場合は、婦人科でホルモン値の検査を行っており、女性ホルモンが足りないという結果が出た場合は、ホルモン補充療法や、プラセンタ注射、その他漢方薬などが処方されます。

注射やサプリメントが人気

更年期障害の症状を疑った場合、婦人科で診断を受けることで、様々な不快な症状を解消することができるケースがあります。特に、プラセンタ注射や点滴は、更年期障害の様々な症状に高い効果が認められており、保険診療で注射が行なえる場合もあります。プラセンタは、母体が赤ちゃんを育てるための胎盤を意味し、胎盤から成分を抽出したプラセンタエキスは、更年期障害の緩和だけでなく、美肌やアレルギー、ニキビや慢性疲労などにも効果があることで知られています。通院でプラセンタを注射することができない人には、サプリメントも販売されています。サプリメントタイプのプラセンタは、通院せずに気軽に摂取できるプラセンタで、更年期の症状が気になる方に口コミで人気です。